2022年

6月

24日

水墨画協会公募展

 ステンドサークルの先生であり、蕎麦教室に参加されているT氏が 出品するとご案内いただき

金沢21世紀美術館に行く。

 風薫る とタイトルがつき 雅号は紫風。3匹のヤギの表情が穏やかで優しく くつろぐ姿は彼女が作る家族の愛情を感じる。見ていると気持ちが やすらぎ 素晴らしい。

 墨の濃淡で表現する それぞれ107の作品はどれも見事です。

 

続きを読む

2022年

6月

06日

そくさいでしなしなぁっとお抹茶dayⅣ

続きを読む

2022年

5月

14日

埼玉県産蕎麦粉で打つ(2022年第6回)

  Nakama to 蕎麦教室は埼玉県産蕎麦粉で打ちました。

加水は45%でした。加水はお伝えしなかったですが、前回とピタリ同じとは 素晴らしいです。

加水すると粉が手にくっつきやすい、手触りがいつもとは違うなど 感覚も前回と同じです。

みなさん 蕎麦がよく延び、細く 角のある蕎麦に切り 美味しそうです。

 

 はじめて参加された方は、滋賀県産蕎麦粉で500g打たれました。はじめての方は最初は300g打ちからはじめますが、休んだ方の蕎麦粉500gで打っていただきました。以前に一度(?)打った事があるとのことです。粉の扱い方が慣れておいで、丸出しが見事でした。切りも丁寧にすすめられ均一でした。機会があれば また参加くださいとお誘いしました。

 美味しくて、500gを二人でほとんど食べてしまったとご家族から伝えられました。自分で打った蕎麦の美味しさを わかちあえ 蕎麦の打ちがいがありますねぇ~。

 

 次のガレージ蕎麦6月4日は はじめての新潟県魚沼産蕎麦粉を使用します。蕎麦粉が美味しいかどうか不確実なことをみなさんに了解いただきました。

 帰宅して蕎麦粉を注文しようとすると、以前に閲覧したサイトでは売り切れで、他のサイトに在庫ありで注文できました。美味しいといいなぁ。

 

 

続きを読む

2022年

5月

08日

ひとり老後、賢く楽しむ

岸本葉子 著 ひとり老後、賢く楽しむ 文響社 

                   2019年7月

 

「人生100年時代」という言葉をよく聞くようになりました。長い人生を迎えることへの不安の声は……多く耳に入ってきます。長い人生、不安を数えて縮こまるのではなく、変わっていくことを受け入れてしなやかに生きたい。……介護や医療付きの超高級マンションを見て、次にそこまで高くない施設を見学しました。金額の違いは何だろう……高いからいいとは一概には言えないが、高いところは人員の配置にゆとりのあるところが多い、とのこと。……職員がピリピリしていると、入居者への接し方に影響し、入居者が心理的に不安定になるという悪循環に陥りかねません。……90年の人生があるとすると、81歳までが現役で行くのがバランスとしていい。「残り1割が老後」と考えましょう…。81歳まで現役で行きたいとして……いかに働き続けるか。いかにすればそれができるかの作戦を立てていくか、そういうプロジェクトになる。貯めるのは使うため。

自分が今高齢者のために何かしていれば、年をとったとき同じようなことを受けられる。……行きたい展覧会とかは無理してでも……行く。それらは「心の栄養」だから。……教えることは……誰かの役に立つ。学ぶというのは、自分が変わることを恐れないこと。……私もまだ「ありがとう」と言ってもらえる、役に立てると。社会参加するというのは……そういった自己評価を上げることでもある

 

感想:そうなんです!と頷くことばがたくさんありました。100年時代は喜ばないといけないだろうと思いつつ、本音の不安は誰もが持ち、資金の手立てがあれば安心できると知る。動きの鈍い高齢者がいつまでも現役でいると、周囲の若い人に迷惑ではないかとの思いは、81歳まで現役の考えに安堵し、役に立てる代えがたい喜びを大切にしたいと思った。これまでの思考では不安がつのるが、学ぶことで自分が変わることを恐れないこれからの思考なら、未来は明るい気がした。

 

続きを読む

2022年

5月

04日

田中 泯 ブラームスを踊る

風と緑の楽都音楽祭に行く。

きのう「田中 泯さんの踊りがあると聞いたよ。あすだからチケットが取れるかわからないけど、行きたければ確認するよ」と電話があった。「行きたい!」と即答。どうにか取れた。

 

石川県立音楽堂邦楽ホールで15時20分~16時10分「田中 泯 ブラームスを踊る」を観た。

会場には満席の張り紙。

ピアノ、ヴァイオリン、チェロ、ヴィオラでブラームスを演奏し、田中 泯が50分間踊り続ける。役者として好きな俳優は、ハイパーダンスと称した新たなスタイルで踊り国際的に高い評価を獲得している。独特な風貌と体と長い手足と指が 舞台の上で音楽にあわせて 魂を表現するように動く。美しいとか華麗とかとは違う まさしく魂のうごめき?のように音楽を際立たせる踊り。音楽と踊りが どっしりと 心に響いた。

 クラシックバレエ、モダンダンスを学び、新たなスタイルのダンスを76歳が50分間踊り続ける姿に日頃の鍛錬に思いをはせた。衰える体力は熟練という魂を込めることで魅力を放っているのではないかしら。

とても よかった!!

 

 

続きを読む

2022年

5月

01日

雨降り

雨降り。

家事を済ませて お家ステンドグラス作業。

いいのかな。こんなに静かで 穏やかで 趣味三昧。

いいのよ。好きなことだけしていても年寄りだから…なんて。

 

お茶時間は 森八の菖蒲 お菓子でお抹茶。

季節を感じて 思いをはせて 穏やかな時間に ほぉ~!(^^)!

菖蒲色に背景は白色…清楚さが いいですねぇ。

続きを読む

2022年

4月

30日

草は繁る

蕎麦打ちガレージの草は順調に繁る。

夏椿は剪定しようと思っているうちに若葉が繁り思いっきり枝を伸ばしている。百日紅は まだ息をひそめている。

草は取ろう。

夏椿は思いのまま伸ばそう。百日紅は様子をみよう。

 

草取り作業は苦手な作業。軍手をしていても鎌で指が傷つくし、そのうち足がツルし、草の運搬は思いし…など。

シルバーさんに頼んだら、1000円/hかな。

シルバーさんになって働く気分で 作業をすすめる。

頑張らない。作業途中でも2時間までにする。

頑張ると翌日の頭痛が怖い。

 

作業をすすめると 草のないすっきりとした成果が見える。

気持ちもすっきりする。作業は途中だが終了。

 

 

 

 帰宅して 森八の藤の花 お菓子でお抹茶する。ほぉ~!(^^)!

 藤色に背景は桃色…艶やかさが いいですねぇ。

 

2022年

3月

13日

ウォーキング

家中の掃除を終える。

 

空いた時間、小松市にある木場潟公園へウオーキングに出かけた。

河津桜は咲き始めで美川町の河津桜と同じ。

 

咲くのを待つ楽しみは 気持ちが沸き立つ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続きを読む

2022年

3月

12日

滋賀県産うぐいす蕎麦粉で打つ(2022年第2回)

  Nakama to 蕎麦教室は滋賀県産厳選石挽き蕎麦粉うぐいすで打ちました。

蕎麦粉の説明。

うぐいす色をした緑の実を選別して製粉した極上の蕎麦粉です。ほのかな香りと甘み、蕎麦本来の旨さを味わっていただけます。

 

チャレンジャーと打った時に美味しかったので 今回使います。

加水47%です。みなさん美味しそうなうぐいす色の蕎麦に出来上がりました。

 

来週の里山蕎麦でも使います。蕎麦粉は余分なしで注文し 我が家の蕎麦粉はないつもりでしたが、来週にお休みする方の分を使えそうです。

我が家の蕎麦は、先週に余った長野県八ヶ岳産蕎麦粉です。ことしは美味しいと思います。

 

 

続きを読む

2022年

2月

24日

桜餅

仕事が終わり、帰宅してのお茶時間。

近所の和菓子屋さんで買った 桜餅と珈琲で一息。

桜餅はお店による餡や皮の食感や甘さの違いがあり、その都度 楽しめます。季節を味わいほぉ~。

2022年

2月

14日

曲水

仕事が終わり、帰宅してからお抹茶時間。

お菓子は柴舟小出の 曲水です。

ほぉ~❕

 

きょうはバレンタインデー。義理チョコ渡しました。

「ありがとう」と義理お礼。

何て言って渡せばいいのかしら。

愛してます 照れますねぇ~

いつもありがとう 義理っぽいねぇ~

ゆっくりチョコレート味わってください と。

ハッピーバレンタイン! テレビで言ってた、来年に。

2022年

2月

10日

雪梅

仕事が終わり帰宅して お抹茶時間。

お菓子は 金沢うら田 雪梅。

ホロホロした食感が美味しいです。

雪梅…… 薄桃色が雪解け後の春を感じ 

ほぉ~とします。

2022年

1月

19日

炉・初炭手前・入子点

 茶道教室です。

 炉 初炭手前、濃茶点前。

 そして薄茶点前と入子点(いりこだて)を拝見しました。前回お稽古いただいたのですが忘れていることばかりです。

 一閑人蓋置の扱いが面白いです。井筒形の側に井戸を覗き込むような姿の人形がついた蓋置です。人形に釜の音を聞かせるように置くとはしゃれています。

 うれしかったのは お菓子が 小出 はなびら餅 だったことです。

 1月のお菓子である はなびら餅 が食べたいと思いながら 期間が過ぎて予約できず 来年に と諦めていたのです。ごぼうと白味噌餡とピンク色の餅を、求肥でつつんだ はなびら餅は 味の想像がつかなかったのです。

 食べると とても美味しかった!

 平安時代、宮中で長寿を願う新年の儀式に、押鮎などを食べる習わしがあり、江戸時代にそれを模した菓子が広まったのが 花びら餅。明治時代に茶道裏千家の初釜のお菓子として親しまれるようになった。ごぼうは、押鮎に見立てておかれたもの。土の中にしっかり根を張るので 家の基礎がしっかりしている ことや 長寿 を願う意味が込められている。

 お茶花は つくばねとつばき です。

 茶室の窓から 雪をのせる椿の葉や竹の葉が 力強く眺められました。暖かい部屋から まじかに雪の風情を楽しめる 贅沢なひとときです。

  先生、そして一緒にお稽古できる方々と ともに浸れる シアワセを感じました。感謝。

 

 

 

続きを読む

2022年

1月

18日

妙蓮せんべい

仕事から帰宅して、お茶時間。

お菓子は金沢市にある 諸江屋 妙連せんべい。

材料は もち米、砂糖、蓮根。妙連の色と姿が珍しい。

蓮根を使っていることに興味が湧いたが、味や食感はサクサクせんべいにほんのりした甘さで、蓮根は影武者。

飲み物は珈琲。ほぉ~。ひといき。

口にとけて おなかまで届かない せんべい が最近の好みです。

美味しいお菓子を姿や食感で味わう。加えてネーミングに醸し出される作り手の物語でロマンチック気分に浸ります。

2022年

1月

17日

梅だより

仕事が終わり 帰宅して ほっと お抹茶タイム。

お菓子は 京都 亀屋良永 大原路 梅だより。

美味しい御干菓子です。口あたりがしっとり 甘さがじわっと広がり 爽やかな色合いは想像力が膨らみます。

甘さや口あたりは 使う材料によって 美味しさに違いがあるようです。

お抹茶の味わいも深まります。

楽しみ時間が ひとときあるだけで 活力になります。

お菓子力に元気づきます。

2022年

1月

16日

福梅②

お茶時間。

いただいたお菓子は 金沢市にある 茶菓工房たろう

たろうの小さな福梅。食べやすい1口サイズで可愛い。いつも食べる大納言の粒餡と思いきや、キャラメルバージョンが新しい食感。剣梅鉢のベージュ色も珍しい。

珈琲にマッチして美味しい。

2022年

1月

12日

御池煎餅

続きを読む

2022年

1月

04日

福梅①

お茶時間。

お正月に食べる福梅は 山中石川屋。皮はサクッと柔らかめで 餡も柔らかい。めでたい可愛い花の型をめでながら甘い餡の福梅を味わう。

あれこれ慌ただしい日ながら、お茶時間は確保します。

2022年

1月

03日

お菓子尽くし


続きを読む

2022年

1月

02日

お正月時間

お抹茶時間はいただいた日本堂 上生菓子 椿。

青空がのぞく 穏やかな天候です。

慌ただし日常とは違う時間が お正月時間。

お抹茶時間も静々と味わえます。

 

自由時間。何しよう。

ステンドグラス作業に気持ちが向かう。

集中する時間はすぐに過ぎます。

朝食・昼食・夕食 それぞれのお正月時間で準備する。

その合間の自由時間は伸び伸びできる。

ステンドグラスの洗い作業は蕎麦ガレージでする。

この空間は何をしても落ちつける場所。

絵手紙を書いていたこともあります。

ガレージで蕎麦・ステンドグラス・絵手紙…

まるで趣味工房!(^^)!

ガレージの瓦修理を年末に済ませたから、雨漏りもしない。

暖かくなったら 2階でヨガ空間も作ろうかしら。

いろんな楽しい考えが湧き出るのも 青空のお正月時間のお蔭です。

 

2021年

12月

16日

喜今日

お菓子をいただきました。

白山市にある雅風堂の 喜今日(ききょう)です。

小豆がしっとりかためられ、和三盆がまぶしてある美味しいお菓子です。お抹茶といただきました。

小豆を食すことは、厄を祓い、福をよぶと伝えられているとのことです。

久しぶりのお家お抹茶時間です。

お抹茶は あうお菓子があってこそ と思います。

ほぉ~と仕事の疲れが軽くなります。

2021年

11月

23日

お干菓子

 勤労感謝の日です。

 仕事が終わり、帰宅してからお抹茶時間です。お菓子はお干菓子です。和三盆の甘みと可愛い姿に気持ちが軽くなります。

ほぉ~。

さぁ、家事の時間に切り替えます。

2021年

11月

20日

河田ふたば

小松市にある 河田ふたば で いい夫婦の日キャンベーン11月22日の日 夫婦まんじゅう を買いました。

 

お家お茶時間は 焙茶ノマ といただきました。

もちもちのよもぎ皮と赤飯にトロリこし餡が包まれ美味しい。

 

赤飯という発想が面白いです。

 

美味しそう たくさん買って ツレと食べました!(^^)!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続きを読む

2021年

11月

05日

ふがく堂


続きを読む

2021年

11月

04日

いそや菓子舗

 お抹茶時間は、野々市市にある いそや菓子舗 

野々市椿です。桃色の椿は白餡、白色の椿はこし餡です。つくね芋と上用粉の皮がモチモチで小豆と砂糖の餡はシットリしてとても美味しいです。椿の形が可愛く、大きさもちょうどよく、甘さもお抹茶にあいます。

 

 小さなお店ですが、作りたての和菓子がいろいろケースに並んでいました。どれも美味しそうです。

続きを読む

2021年

11月

03日

1の1 NONOICHI


続きを読む

2021年

11月

01日

つつみ餡

 お菓子をいただいた。焼印がワインポイントで、こし餡を包んだ焼き菓子で、名前がないから つつみ餡と記憶しておこう。一口サイズで美味しい餡と薄い皮が美味しい。珈琲タイムで一息。

 家事いろいろの一日。

2021年

10月

29日

並木道

 お抹茶時間。お菓子は小松市にある 創業天保八年(1837年) 行松旭松堂(ゆきまつきょくしょうどう)並木道です。お菓子の説明。思わずため息がでるくらい美しい銀杏並木をイメージして作りました。シャリシャリとしたすり琥珀の食感をうぐいす豆のやさしいハーモニーをおたのしみください。秋の絶景黄金に輝く並木道をお散歩したいですね。

 

 イメージそのままの色合いの美しさと、やわらい食感がよく、うぐいす豆が美味しいです。イメージをお菓子で表現できるって素晴らしい。

 

 お菓子屋さんめぐりのスタンプ収集中!(^^)!

2021年

10月

27日

雪花糖

 お抹茶時間。お菓子は小松市にある 創業天保八年(1837年) 行松旭松堂(ゆきまつきょくしょうどう)雪花糖です。裏千家十五代鵬雲斉宗室全国菓子博にて茶道家元賞 受賞。菓子の説明は「白く輝く霊峰白山の山懐で梢に残ったくるみの実。その実が雪晴れの中コロコロ里の方に転がり始める。雪花糖はその姿を想像して、くるみに和三盆糖と寒梅粉をまとわせたお干菓子です」 

 柔らかい胡桃がほどよい甘さのしっとりした和三盆糖に包まれて美味しい。

 

2021年

10月

15日

つや干

 お抹茶時間のお菓子は、白山市にある田中屋の 加賀棒茶とりんごのつや干。ほどよい甘さのりんご味と加賀棒茶味の寒天を固めた砂糖でくるんである。

 材料は砂糖、水飴、寒天、金箔、アップルリキュール、加賀棒茶パウダー、香料。

 お抹茶にあうお菓子です。ふぅっ~と体が軽くなる。

2021年

10月

09日

シャインマスカット大福

白山市にある 田中屋 の

シャインマスカット大福。

お抹茶用のお菓子として準備したのですが、昼食のデザートでいただきました。シャインマスカットの甘みを白餡が支えている感じのフルーツです。美味しいです。

 

 

 


続きを読む

2021年

10月

08日

10月絵手紙教室

 絵手紙教室でした。

他の方はみなさんお休みで先生の個人レッスンでした。

いろいろお話しながら 絵手紙に向き合う時間は気持ちが穏やかになります。

 先生のお庭にある サネカズラ と つり花を 画材に準備いただきました。美しい実~と見入っていると 先生が お持ち帰りさせてくださいました。

お茶花にも使うとのこと。興味はお茶へ。「自宅に花を置いてから生菓子を買いに行って、お抹茶いただきます」と。うれしい❕

 

ツリバナ(吊り花)は花や実がぶら下がってできることから呼ばれる。花ことばは 片思い。

サネカズラ(実葛)は、赤く熟した実(サネ)が美しいことからつけられた。花ことばは 再会。春にはまっすぐ長く伸びていたつるが、夏になると絡み合うことからつけられた。

続きを読む

2021年

10月

07日

舞つる

仕事が終わり、帰宅してからのお茶時間。お菓子は金沢市にある加藤晧陽堂の 舞つる。三角の焼き菓子ながら 舞つる と名前がつけば そう見える。

 お茶で銘についてのお話。一つ一つに銘をつけるのは だだの道具ではなく 銘を持つだだひとつの道具 だと。お菓子も然り。

 利用者さんの家にいる 犬。

 そこで 犬ではなくて その家の人にとっては名を持つ家族なのだと思い改め、名前を聞いた。聞いた名前を繰り返すと、いつも吠えるだけで姿をみせない「らんちゃん」が出てきた。自分であることを理解しているようでした。

 

2021年

10月

05日

きんつば

 仕事から帰宅して、お茶時間。お菓子は小松市にある 徳田盛華堂 の百万石大名きんつば。説明には 小松に隠居された前田利常公を偲んで十勝の上質小豆を丁寧に炊き上げ甘みゆかしく小豆本来の美味しさを生かした きんつば。きんつば はこのお店のものと決めています。ツレの……。

 10月にもかかわらず暑い日でした。それでも暑いお抹茶は ほっと一息つけます。

 帰宅して 家事時間。いつかはできなくなるんだと思うと 愛しい時間です。

2021年

10月

04日

加賀志きし

快晴。

洗濯・掃除・炊事。きょうは家事に勤しみました。

磨き掃除は全身運動です。汗だく❕

 

お茶時間。お菓子は金沢市にある加藤晧陽堂の 

加賀志きし。餅米を精製加工した煎餅に、すり蜜を化粧引きし、松茸 を描いたやさしい甘さのお煎餅です。目が秋・気持ちが秋・楽しみが秋 に染まります。

2021年

9月

29日

山野草(野)

 仕事が終わって自宅に帰り、ほっと一息お茶時間。珈琲と金沢にある柴舟小出のお菓子 山野草の 野。蒸しカステラは卵感の強い黄色で、抹茶そぼろ餡の二層です。お菓子が主で、飲み物は従になります。とりあわせは ひらめき です。気持ちがふんわり漂い 美味しさだけに集中し 爽快。

 気分を変えて、家事時間です。夕食は手作り餃子。自分好みで味付けした絶品は、お店では食べられないと自画自賛。

 食べ物で元気になれるのは、乙なもの!(^^)!

2021年

9月

27日

山野草(山)

 仕事から帰って一息、珈琲時間。お抹茶用に買ったお菓子ですが、珈琲にする。金沢市にある柴舟小出のお菓子・山野草の山。蒸しカステラは大納言小豆感の茶色と抹茶そぼろ餡の二層になっています。カステラには珈琲がいいと思う。美味しい。ほぉ~として、家事時間へ。

2021年

9月

06日

長生殿

 仕事が終わり、帰宅してお抹茶時間。お茶銘は悠久の白。お菓子は金沢市にある森八 長生殿。ほどよい甘さが美味しい。お菓子の説明「森八家の始祖は清和天皇の系譜に連なる清和源氏の末裔。1625年に菓子業を創業し、加賀藩御用菓子司として歩み始める。初代前田利家公豊臣秀吉に献上した打ち菓子を原型として小堀遠州卿の命名、書なる銘菓 長生殿 を創菓する。日本三名菓の随一と謳われる」

2021年

9月

05日

千歳

 快晴。洗濯・掃除・家事がすすむ。小松市にある木場潟公園を歩きました。気持ちのいい青空です。気持ちも空色に染まります。

 

 お抹茶時間。お茶銘は悠久の白。お菓子は金沢市にある 森八 千歳。

お菓子の説明。紅きは旭日の瑞相を表し、白きは鶴の毛衣を表す。

 お抹茶にあって美味しい。

 


2021年

9月

04日

北前船(桃山)

 お抹茶時間。お茶銘は宇悠久の白。お菓子は清香室町 北前船(きたまえせん)。説明「壮大なロマンをくりひろげた北前船に思いをはせ、菓子職人が心をこめ創製した最高級の桃山」ふんわりした口当たりが美味しい。

 

 書類作成のため写真が必要になった。コンビニに設置してある証明写真機で撮影。背景選択・美肌補正/肌色調整ができる。変えるごとに印象が変わる。スマホで撮影するより、年齢不詳がいい感じ。

2021年

9月

03日

くるみ饅頭

 仕事が終わって、帰宅してお抹茶時間。お茶銘は悠久の白。お菓子は清香室町 くるみ饅頭。美味しい餡の饅頭の上にくるみをのせてある。小さい小さい饅頭は、つい一つ、二つ、三つ食べてしまう。美味しい。

2021年

9月

02日

くるみ最中

 仕事が終わって、帰宅してお抹茶時間。お茶銘は悠久の白。お菓子は清香室町  くるみ最中。第22回全国菓子大博覧会名誉総裁賞受賞 とある。一口最中の中餡を入れ、くるみが一個はいっている。くるみと餡の風味が美味しい。

 

 

2021年

9月

01日

旅衣

 お抹茶時間。お茶銘は悠久の白(岸松園老舗)で、細かい泡がたちます。お菓子は金沢市にある清香室町   旅衣。大きな栗一個を抹茶羊羹に入れた一口羊羹は美味しい。

 

 予約してあるドコモスマホ教室に行く。講師と私一人だけ。丁寧に説明を受けられた。知らないことを教えてもらえることは楽しい。習うより慣れよということばどうり、使っていこう。

2021年

8月

31日

生しばふね

 お茶時間。お菓子は金沢市にある清香室町の 生しばふね。第25回全国菓子博覧会名誉総裁賞受賞とある。材料は砂糖、小豆、小麦粉、卵、バター、練乳、生姜、アーモンドプードル。ふんわりした甘みの少ない生地で焼き、上に生姜砂糖がぬられ、中のこし餡もあっさりした甘みが美味しい。

 珈琲はタリーズコーヒーのクレセントムーン。説明:「焦がしキャラメルを思わせるほろ苦い風味とともに、深みのあるボディーとかすかなスモーキーさがあります。珈琲本来の甘みを感じます」。スッキリ味が美味しい。はじめての出会いは気持ちが弾みます。

2021年

8月

30日

寒月陵・華

 きょうは家中の磨き掃除をする。汗だくの作業。

終わって一息のお抹茶時間。お菓子は近くの和菓子屋さんで買った寒月陵2枚入り・華2枚入り。お菓子の説明はないが、ふわふわサクサク甘い。菓子銘の違いは味の違いとしてもほとんど区別がつかない。お茶銘は悠久の白。茶道は季節が一周する間、花も道具もお点前もお菓子も変化し続ける。自宅での変化はお菓子ですが、それでもワクワクできるひとときは日常の一瞬の空気が爽やかになる。

2021年

8月

29日

悠久の白


続きを読む

2021年

8月

27日

若鮎マシュマロ

 仕事が終わり、帰宅してお抹茶時間。お菓子は近所の和菓子屋さんで買った 若鮎マシュマロ。甘くてふんわりした食感が美味しい。色鮮やかなお菓子は目に楽しい。お抹茶はお菓子で味わいが倍増します。新しいお菓子との出会いはワクワクして元気が出ます!(^^)!。

2021年

8月

25日

きな粉ひねり

 仕事が終わり、自宅に帰ってお抹茶時間。お菓子は近所のお菓子屋さんで買った 餡入りきな粉ひねり。柔らかく ほどよい甘さが美味しい。

2021年

8月

19日

華てまり

 仕事が終わり、自宅に帰ってお抹茶時間。お菓子は白山市にある雅風堂 華てまり。材料は砂糖、くるみ、小豆、もち米粉、米飴、寒天。お菓子の説明。「金沢の伝統工芸 加賀てまり にちなんだお菓子。可愛らしく丸めた小豆にくるみを加え、和三盆糖をまぶしました」

食べると小豆餡がくるみにからまります。和三盆糖がほんわり後味をやさしくします。くるみが口に残るほど存在感があります。

2021年

8月

16日

文林菓

 お抹茶時間。お菓子は白山市にある雅風堂 文林菓。材料はりんご、砂糖、白餡、もち米粉、水飴。食べると林檎の甘酸っぱさと白餡のとろけ具合がちょうどよく美味しい。お抹茶にあいます。

2021年

8月

15日

濃茶楽雁

 お墓参り。九州や広島で大雨警報や被害が出ている。こちらはきょうは雨が降らずに出かけやすい。お坊さんにお経をお願いしてお参りする。親戚のお墓参りとご挨拶もすませた。

 帰宅してお抹茶時間。お菓子は金沢市にある諸江屋の濃茶楽雁。お菓子の説明。「濃茶はお抹茶の甘みを味わうことができ、干菓子と相性があいます。当店に伝わる石臼木型を以って新たにお作りしました」 材料は和三盆糖、寒梅粉、小豆、砂糖、水飴、白餡、抹茶、蜂蜜。

抹茶の香りがして小豆のほどよい甘さが美味しい。

 

 

 きょうの北国新聞で、丈夫がいいね。冷え性についての説明の食生活。ビタミンEの摂取が鍵になる、動脈硬化や血栓の予防、悪玉コレステロールの低下、細胞膜の保全などの働きがあり、血管の健康管理には不可欠な栄養素だと記載。抹茶はビタミンE、Cに加えてテアニンなどのポリフェノールも含み、腸内の善玉菌を増やす作用もあり積極的に飲みたいと。

2021年

8月

11日

風流

 仕事が終わって帰宅して、お抹茶時間。お菓子は金沢市にある諸江屋 風流。お菓子の説明。「加賀らくがんの筆頭は源氏香文様の菓子。当舗に伝わる木型を以って調整しました」 材料は砂糖、小豆、水飴、白餡、和三盆糖、寒梅粉、韃靼そば茶パウダー、蜂蜜。

 食べるとそばの香りがいい。つぶあんと生らくがんに韃靼そば茶パウダーの風味が美味しい。ほっとする。

2021年

8月

10日

万葉の花

 仕事が終わって帰宅して、お抹茶時間。お菓子は金沢市にある諸江屋 万葉の花。お菓子の説明。「優雅な四季折々の花、姿、色、形、加賀の地に思いをこめて当店に古くより伝わる木型を以って粧いも新たにお作り致しました」 材料は砂糖、小豆、水飴、白餡、和三盆糖、寒梅粉、蜂蜜。

 食べるとつぶあんのほどよい甘さと生落雁の口あたりが美味しい。ほっとするひととき。

2021年

8月

09日

方丈菓子

お抹茶時間。お菓子は金沢市にある諸江屋 方丈菓子。

説明には、「一子相傳の方丈菓子,柴野大徳寺、一休禅師が節分の豆をもっての草案と傳えられ、上下の落雁に洲浜を挟んだその素朴さはお茶人好みとされ、珍重がられております。代々傳えられた門外不出の銘菓を百年ぶりに復活しました。当舗初代が1849年京都にて修行中に会得した生落雁です」。材料は州浜粉、砂糖、白餡、水飴、きな粉。

 ほんのりした州浜の味わいが美味しく、ほろほろ食感がいいです。お抹茶にあいます。

2021年

8月

08日

庵(いほり)

お抹茶時間。お菓子は金沢市にある諸江屋の 庵。材料は もち米、黒糖、上新粉、飴、黒ごま、卵白。餅米で焼き上げた麩焼きに黒糖蜜で仕上げたものを、斜め半分にカット。菓子の説明「しみじみといふ味は一つの菓子を手にとってそのもののいろ、つや、そして面白く割った形への想像、くちに入れた舌さわり、お忙しい日々のホンの一ときの静けさを楽しみ味わふお相手です。ほんとのお菓子の在り方はそういふものかも知れませぬ」

シンプルな材料のサクサクした素朴な味が美味しい。

 

 蕎麦ガレージの草むしり。きのうに続いての作業が終わった。気持ちがすっきりした。

 

2021年

8月

06日

加賀宝生

 お抹茶時間。お菓子は金沢諸江屋 加賀宝生。材料は砂糖、小豆、落雁粉、米飴、蜂蜜、食塩、寒天、甘味料。生らくがんで、風味の変わらぬうちにお早くお召し上がりくださいと記載。宝生(ほうしょう)の由来を説明。諸江屋は1849年加賀藩職方打物司として落雁を専門に作ってきた店。生じめという独特の製法で作られ舌にしっとりなじむ菓子。菓名は、三代利常候のときに盛んであった謡曲の宝生流から命名。

食べると塩味が口に広がり餡の甘さがからむ独特の風味。

落雁は甘いだけのイメージで今まで食べなかったが、お抹茶との相性を知りたくて購入した。最初は塩味に違和感を感じたが、食べるほどに口になじみ、お抹茶とあう美味しいお菓子だと感じるようになった。

 

2021年

8月

02日

兼六ことじ燈籠(白餡)

 仕事が終わってから自宅でお抹茶時間。きのうに続き、お菓子は金沢市にある みのや製菓の 兼六ことじ灯籠。粒餡を白餡で包み焼いてあり、甘々しい。

 お菓子があると、元気がでる。夜の車運転がないと目が疲れない。倦怠感もなく体調は良好。最近の楽しみは食べたことのないお菓子とお抹茶。ささやかな楽しみを日々の励みにする。

2021年

8月

01日

兼六ことじ燈籠(抹茶餡)

 お抹茶時間。お菓子は金沢市にある みのや製菓の  兼六ことじ燈籠。材料は餡、砂糖、水飴、クロレラ。第24回全国菓子大博覧会 最高位名誉総裁賞受賞 とある。兼六園の象徴となる ことじ灯籠を和菓子に印して 粒餡を抹茶餡で包み焼いたとある。甘さをおさえたと説明だが、甘々しい。

2021年

7月

28日

しぐれ納豆

 お抹茶時間。お菓子はお取り寄せした 松江市にある一力堂のしぐれ納豆。材料は小倉は砂糖、小豆、寒天、うぐいすは砂糖、うぐいす豆、寒天。

 曲水に似ている。曲水の方が好みです。抹茶にあって、美味しいです。

 

2021年

7月

27日

姫小袖

お抹茶時間。お菓子は本に掲載されていたお取り寄せ。松江市にある一力堂の姫小袖。材料は和三盆糖、小豆、砂糖、米粉。店名の前に、松江藩御用老舗とある。1751年に創業。お菓子名の前には、松江藩お留め菓子 姫小袖とある。お留菓子の由来は、本菓の製造は松江藩城主の御用の折のみに留められ一般には売られていないもの。本菓は旧藩時代の松江城主松平ケの茶会並びに法要等の折のお菓子。表の綸子の模様を紅白に染め分けた品位のあるところから姫小袖と名付けたもの。

抹茶にあって、美味しい。

2021年

7月

23日

傘の雪

 小松市にある木場潟公園を歩きました。東京オリンピックに出場するカヌー代表チームのノルウェー選手が練習していました。

 昼食は小松市にある石焼ステーキ贅でランチです。ステーキを食べると体にパワーがみなぎる気がします。

続きを読む

2021年

7月

22日

曲水

 仕事が終わってから、帰宅してのお抹茶時間。お菓子は、金沢市にある柴舟小出の 曲水 です。材料は砂糖、大納言小豆、もち米、大麦、寒天。兼六園内を流れる曲水にかかる雁行橋を形どったと説明。大納言小豆を砂糖で固めたもの。ホクホクの小豆と、シャリシャリの砂糖の食感がお抹茶にあい、美味しい。

2021年

7月

21日

戸室

 自宅でのお抹茶時間です。楽しみなお菓子は、金沢市にある 柴舟小出 の戸室 です。雪見橋や虹橋に使われている戸室石の美しさを秘めましたと説明。材料は砂糖、大納言小豆、鶏卵、和三盆糖、ア−モンド、蜂蜜、寒天。今まで見向きもしなかったお菓子が、抹茶といただくと美味しい。材料を吟味したお菓子の価格はそれにみあうことになる。ケーキに比較するとさほどでもないと自分を納得させます。

2021年

7月

18日

お干菓子

 7月は雨続き。きょうは晴れたので、7月はじめて小松市にある木場潟公園を歩きました。熱中症予防のため水分をとりながら、ゆっくりペースで気持ちよく歩きました。オリンピックのカヌー事前合宿メンバーの練習はありませんでした。

 

 帰宅して、お抹茶時間。お菓子は京都たちばなや お干菓子です。水・石竹・千鳥・紅白おちょぼ

夏を模した和三盆糖のお干菓子。おちょぼ は、昔、祇園町や花街で働く女の子を読んだことから名付けた。お抹茶1杯目はたくさん飲みたくてお湯を入れすぎたせいかクリーミーな泡にならず、2杯目はお湯の量を加減しクリーミーな泡立ちになりました。泡がお抹茶の甘みを醸し出す気がします。

美味しい!

続きを読む

2021年

7月

15日

越の富貴よせ

仕事が終わる。帰宅してお抹茶時間のお菓子は白山市にある彩霞堂の 越の吹きよせ。材料はふき、長いも、くるみ、きくらげ、わらび、砂糖。材料を砂糖漬けして砂糖をまぶしたお菓子。材料の食感は残りながら甘さでからめられている。

2021年

7月

14日

木公(もっこう)

仕事が終わり、帰宅してお抹茶時間。

お菓子は白山市にある彩霞堂の 木公 です。材料は砂糖、寒天、水飴、くるみ。素朴な材料は美味しい。砂糖の甘さの上に水飴のねっとり食感がより一層甘く感じる。抹茶を飲むと口いっぱいに広がる穏やかさ?甘さは疲れをほぐします。

2021年

7月

12日

千歳くるみ

家中の磨き掃除。

ツレが畑から大収穫した茄子、胡瓜、ピーマン、ししとう、トマトを新鮮なうちに作り置きの総菜を作る。

洗濯、掃除、総菜作りが終わり、ほぉ~っと読書。

そしてお抹茶。お菓子は彩霞堂の 千歳くるみ。材料は砂糖、鬼くるみ、水飴。甘~い砂糖で胡桃がフワッと包まれている。甘さで満ちたお口が お抹茶で爽やかになる不思議!(^^)!。

 

2021年

7月

11日

非正規介護職員ヨボヨボ日記

真山 剛 著 非正規介護社員ヨボヨボ日記 

        フォトレスト出版 2021年5月

 

当年60歳、排泄も入浴もお世話させていただきます。

なぜこの仕事を続けているのか。私は会話がしたいのだ。その中で彼らの人生に触れることが喜びなのだ。

あと数年で私も高齢者といわれるようになる。介護職はどうしても仕事が見つからない場合、仕方なく就く職業という人がいる。私はこれからもまだこの仕事にしがみつく。介護職が立ち尽くす老いと死の現場。これからの己の行く末を彼らが良きにつけ悪しきにつけ学ばされている気がする。

 

 

感想:タイトルはまさに私❕ 表紙のイラストは❓…でも私なんだろう…と 読み始めた。

利用者さんのアルアル話。私が仕事を続けるのは、私の未来が見えるから、そして考えるから。利用者さんやご家族の言葉と表情から感じる現状で、未來を見据える。

続きを読む

2021年

7月

09日

くるみすはま

仕事が終わって帰宅してから、お抹茶をいただくと疲れが軽くなる気がする。お菓子は白山市にある採霞堂のくるみすはま。材料は、きな粉、砂糖、水飴、くるみ。子供の頃に食べた時には不味いに近かった味が、最近は美味しいと感じる。いろんな味を知ってたどりつくのは、材料本来が持つ素朴な美味しさかもしれません。

2021年

7月

07日

愛香菓

きのう読んだ本に載っていた金沢市にある浦田甘陽堂の愛香菓(あいこうか)を買って、お抹茶といただいた。__口に含むとほろほろっとほどけて、アーモンドやレモン、シナモンの風味が広がる。干菓子というにはやわらかく、なめらか。和というより洋。ヨーロッパの古い菓子を彷彿とさせるが、薄茶とよく調和する__本に説明してある文章がよい。ほどけるという食感がお抹茶に美味しい。

7月7日は七夕。織姫と彦星に思いをはせながら、23年前に自分で作ったお皿でいただいた。ゆったりと時間を楽しみました。

 

2021年

6月

12日

柏葉紫陽花

 オンライン茶道学・茶花について を観る。

茶花は野にあるように生ける。拝見する時を一番美しく生けるので、再度見ない。華道は花がなるべく長くその姿を保つよう生ける。違いを納得した。茶花はその瞬間!の花。

 庭に柏葉紫陽花の小さい花が咲いていた。大きな葉っぱに大きな花ばかりの中で、小さい姿のまま満開の姿があった。お抹茶時間に生けた。

 越中三助焼抹茶茶碗に金輪抹茶・珠洲焼菓子皿に京すずめ桜餡、萩焼花入れに柏葉紫陽花。好きな焼き物に囲まれ、茶道学で示されたように生きているのは花と人。

花は3時間ほど元気な姿でいたが、その後 葉っぱとともに花もぐったりして、その盛りが過ぎた。

                    自然の姿を小さな空間で示しつつ、人の姿に重なった。

 

 

2021年

6月

10日

ほっとひと息

仕事が終わり、帰宅してからのほっとひと息のお抹茶時間です。好きなお茶碗で、好きなお抹茶 金輪 、お取り寄せの和菓子。ほっ~~と緊張がほぐれます。最近は珈琲時間よりお抹茶時間が増えました。

 

珈琲はお店で飲めるけれど、お抹茶の飲めるお店があまりないです。時節が落ち着いたら 我が家で一緒にお抹茶したいです。

2021年

2月

22日

京の半生菓子

京菓匠 高野屋貞広 取り寄せの 半生菓子です。3㎝ほどの小さい寒天のお菓子は、見た目が華やかで、可愛くて、美味しい! 気持ちも同じように華やぎ、ドキドキ、ウフフに包まれます。

 

続きを読む

2021年

2月

09日

煎餅

 京煎堂から取り寄せた煎餅 茶の葉煎餅 花の妖精ゆず和風 花の妖精さくら葉 護摩来福せんべい。使われている材料がわかりやすくていい。食べるとそれぞれの味が口にひろがり、美味しい。煎餅は食べるとサクサクし、甘さと風味が口にひろがり、おなかがドッシリしないくていい。

 きょうはどれを食べようか!(^^)!という楽しみは単純ながらなかなかの快感!

 

 

続きを読む

2021年

2月

02日

節分

 節分は立春の前日で、2021年は124年ぶりに例年より1日早い2月2日。年ごとでは1太陽年(地球が太陽を1周する時間)365.2422日と1年365日の差(約6時間)ずつ遅くなり、うるう年は4年前より少し早くなる、というパターンと説明。

 季節を分ける意味の立夏、立秋、立冬の前日も節分だが、立春の前日だけ特別なのか。理由は節切りの新年から立春からはじまるから。豆まきは仏教的には追儺(ついな)とか鬼遣(おにやらい)という宮中行事が民間に広がったとのこと。

 京煎堂から取り寄せたお菓子、京の鬼退治 説明。

*豆まきの由来*豆は「魔滅まめ」に通じ、無病息災を祈る意味がある。昔、京都の鞍馬に鬼が出たとき、毘沙門天のお告げによって大豆を鬼の目に投げつけたところ、鬼を退治できたという話が残って、「魔の目・魔目・まめ」に豆を投げつけて「魔を滅する・魔滅・まめ」に通じるということ。

 大豆を歳の数だけ食べる消化力に自信がないため、まめあわせ を食べて厄除けをすることにした。年齢とともに変化する体調に応じました。美味しい!使用材料は落花生(黒豆、そら豆、えんどう豆)、小麦粉、砂糖、卵、紅花油、塩、重曹、バニラオイルで安心できる。

 

続きを読む

2021年

2月

01日

ひとくちゼリー

伊勢源六たちばなや 取り寄せの ひとくちゼリー お菓子です。3㎝ほどの小さいお菓子は、見た目が色鮮やかで、可愛い模様に気持ちがワクワクします。食べると異なる味わいが口に広がります。可愛い!美味しい!は、仕事の疲れも和らぎます!(^^)! きょうもつつがなく暮れました。

 

 

続きを読む

2021年

1月

27日

きれいどころ

 年末にいただいたお菓子が美味しくて、同じお菓子をお取り寄せ2回目です。伊勢源六たちばなや きれいどころ と名前がついた和菓子は3㎝ほどの一口和菓子です。ひとつづつ丁寧に作られ、見た目の包装の可愛さ、種類の違い、餡の違いなどを楽しめる。スーパーで売られている一口和菓子が詰められた袋は、甘くて好まない。材料もカタカナのよくわからないものが含まれている。きれいどころ の材料は安心できるもので、甘すぎないのがいい。小さいサイズで満腹にならないのがいい。美味しい!(^^)!を  しみじみ楽しむ時間です。

 

続きを読む

2021年

1月

18日

黒豆ぼうろ

 取り寄せたお菓子 黒豆ぼうろ 開封する。食感がサクサクして美味しい。甘すぎないというのがお菓子の美味しさのポイントです。包装も可愛くていい。

 仕事は、朝、利用者さんの思いがけない状態からはじまった。一人で対応するのではない、ということは落ち着ける。仕事が終わって帰宅して食べる「あのお菓子」があるのはワクワクする!(^^)!

 


2021年

1月

13日

丹波そぼろ羊羹

伊勢源六たちばなや 取り寄せした 丹波そぼろ羊羹 栗を開封する。京都の!和菓子だぁ~ウキウキする。裏ごしにかけた口どけのやわらかな そぼろあん で小豆羊羹を挟み 三層の姿が美しい。栗は栗っ!という味わいで相性がよい美味しさ。シアワセ💓

2021年

1月

10日

焼き菓子

 きょうは町会総会が大雪のため延期になる。準備手伝いと女性会会計報告のため待機していたが 朝8時に延期連絡。大雪の中、出かけるのは気がすすまなかったところで、ほっとする。

 自宅で珈琲タイム。伊勢源六たちばなや 取り寄せした焼き菓子を開封する。色とりどりの落ち葉や木の実が吹き寄せられた様に小さい細工菓子は見た目可愛いい。

                   それぞれに味が違って とても美味しい。

 年末にいただいた和菓子が美味しく、同じ和菓子とともに、いろいろお菓子を取り寄せた。京都の味は なつかしい気持ちになる。コロナ禍で出かけられないが、取り寄せて楽しむことはできる。

 

続きを読む