北海道幌加内産蕎麦粉を打つ

ほろみのり
ほろみのり

 本日のsobadoujyouは、幌加内産蕎麦粉で打ちました。 10年間の月日をかけて育まれた幌加内町でのみ、一定時期にしか販売されない「ほろみのり」を石臼挽きしたそば粉です。 昨年4月にも打ち、打ちやすい蕎麦粉です。  甘みのある蕎麦でした。

 

 

キタワセ
キタワセ

 従来からある「キタワセ」の幌加内産を石臼挽きしたそば粉でも打ちました。はじめて打った蕎麦粉です。打ちやすく、甘みのある蕎麦でした。

 

 昼食で「ほろみのり」、夕食で「キタワセ」を食べ、時間差があって、違いはわかりませんでした。来週は同時に食べてみようと思います。


どちらも打ちやすい蕎麦粉で、のし作業もスムーズにすすみました。薄のし細切りになりすぎました。蕎麦屋さんの蕎麦も細切りが多くなると、自分で打つ蕎麦は厚みを残したいと思うのですが、見極めが難しいです。