富山県宮島峡蕎麦粉を打つ

 本日sobadoujyouは、富山県小矢部市宮島峡新蕎麦粉で打ちしました。

 「冷涼で澄んだ空気の宮島峡近辺で採れた蕎麦です。香りが高く腰のあるソバです。ソバ通うの方はもとより、皆さんに一度は味わってもらいたい大変美味しいソバです」と、説明にありました。昨年3月に使用して、打ちやすく、美味しい蕎麦粉でした。わざわざ蕎麦粉を買いに行きました。。新蕎麦が販売されていてラッキーでした。加水は朝に打って46%としたのですが、50%で打ちやすくなりました。今回も「美味しかった」と好評でした。

 参加3回目の方の見事な四つ出し。「おおっ~」と本人も周囲も驚きの声。何~んにも考えずに作業したとのこと。参加10回を超え上手く打てるようになった方は、いろ~んな事が予想され作業を躊躇し、思いの外の事態。蕎麦打ちはメンタルな部分が出るから楽しい。

参加3回目の方の四つ出し
参加3回目の方の四つ出し
ライバルがいると励みになる
ライバルがいると励みになる

  午後の蕎麦打ちはお休みにさせていただいて、13時30分から絵手紙教室。

 

 15時30分から反省会の準備と夕食の準備。

 18時30分から、ほっこりまつり反省会。3年目の時に5年目を区切りにしたいと伝えたように、私はことしが最終回。メンバーで代表を引き受けてくださる方にみんなで拍手喝采でお願いしました。「ほっこりまつり」で蕎麦模擬店は続きます。蕎麦の研究家揃いが、美味しい蕎麦を追及していくことになるでしょう。

 私は蕎麦を手だてに人とつながる楽しさを追求していきます。家庭にあるボールと菜切り包丁と蒲鉾板で蕎麦が打てる楽しさがあります。そんな思いに共感する方と蕎麦を楽しんでいきたいです。

 

 準備した「うどん鍋」は大失敗。6時30分から18時まで緊張続きで、夜になると疲れの頭痛がズキズキ。無理して「しなきゃいけない」時は失敗もあります。にもかかわらず、思いを伝え、次に引き受けてくださる方に感謝して、気持ちは爽快です。

 また、楽しぃ~こと考えよう(^。^)y-.。o○