10月19日和気里山で蕎麦を楽しむ

 里山で蕎麦を楽しむは、長野県八ヶ岳産蕎麦粉、加水45%と長野県安曇野産蕎麦、加水46%を使いました。丸延しの説明をしました。手で圧力をかけて空気を抜く意識をもって作業します。打ち粉は少しづつ麺体の様子をみながら数回にわけて使うと、乾燥しません。みなさん美味しそうな蕎麦にできあがりました。

 蕎麦打ちは10回を超え、手順は理解されたので(150回を超えた方もおいでます)、新蕎麦の時期からいろいろな蕎麦粉を使いたいと思います。11月はお休みで次回は12月とお伝えしてあります。

 

 

そば竹林舎唐変木

唐変木へ久しぶりに行きました。超粗挽き蕎麦の馬方ざるそばをいただきました。しっかり角のたった蕎麦でした。コシがありますが固くない蕎麦です。10月1日から新蕎麦と説明があります。

 奥様もご主人もお変わりなく、「お元気そうで」とお互い声をかけあいました。こちらで購入した包丁の研ぎをお願いしました。気軽に引き受けてくださり「きれいに使ってますね」とお二人から言われました。こちらで購入した包丁研ぎを教室の方からもお願いされているとお伝えしました。

 

 

ノノハナcafe

  唐変木の隣にカフェができていました。道沿いからは大きな窓から明るい照明が見えていました。一瞬 唐変木さんがお店を新しくしたのかと頭をよぎりましたがお隣にいつものお店がありました。唐変木で「お隣に珈琲屋さんができたの?」と聞くと、ランチもできる年配の女性が開店されたお店とのことでした。年配の女性…に惹かれてお店にはいりました。

 玄関は普通の家の様子で入るのをためらいました。駐車は1台だけでお客様は少ないようだったので思い切ってはいりました。窓際の席5つとテーブル1つの小さな小さなお店で、笑顔が可愛い年配の奥様と愛想のいい中年女性従業員の切り盛りでした。お客様は若いカップルだけでした。黒板のメニューは、オムライス5食限定とあります。デザートセットを注文しました。おしゃれな雰囲気がいいです。美味しい珈琲ですが、プレス珈琲は、カップの底に粉が残るので…後口に満足減点。デザートのブドウの皮が可愛くカットされてうれしい。カップルが注文したランチは私が支払いを終わってもお二人で準備中でした。

 オムライス5食限定のこじんまりさがいいです。お蕎麦5食限定のお店もいいかもしれませんねぇ~(笑) 採算度外視で人恋しさつのるなら……。お店はお客様を待つとすると時間の縛りが窮屈だから やっぱり好きな時間にお店に出かかるのがいいと結論です。


きらきら☆ガラスのかけら展


 今朝の新聞に載っていたステンドグラス展に行きました。お茶とお菓子をご馳走になり、講師の方に作品を説明していただきました。私の気軽な質問にたくさんアドバイスいただきました。作りたい気持ちが湧きあがりました。