栃木県益子産丸抜き新蕎麦粉で打つ(2019年第11回)

 Nakamo to 蕎麦教室は、栃木県益子産丸抜き新蕎麦粉で打ちました。加水は47%でした。打ちやすくよく延びる蕎麦粉で 薄緑色の美しい麺体で美味しそうに打てました。きょうは打った蕎麦を希望された方に渡したので、食べられません。最近は細い蕎麦より太めの蕎麦が好みになり、きょうもやや太めです。それぞれの方に好みがあり、自分好みで打った蕎麦をお渡しするのは気が引けます。

 午後に参加の方の隣で、あすの女性会蕎麦打ち教室で使う、長野県八ヶ岳産新蕎麦粉で試し打ちをしました。300g二八蕎麦粉に対し加水45%の135CCに1CCを加えた136CCにしました。説明打ち時間を20分にできるか確認。捏ね時間を短くして延しに入ると、両脇にギザギザがでました。午後に家の冷蔵庫から出して冷たい粉のまま使ったせいもあるのでしょうか。延びやすく、切れもない蕎麦にできました。

 夕食で食べると、切れはありません。コシがいつもより強い感じがします。捏ね不足のためか蕎麦粉によるのか。茹で時間は少し長めがいいかもしれません。