光のお父さん

 光のお父さん を観る。これほど辛抱して観たことはない。どうにか放り出さずに観終えた。「私には知らない世界がまだまだある」というお父さんのことばがよくわかる。つまらない…というよりどこが面白いのかわからなかった。