命短し恋せよ乙女

 命短し恋せよ乙女  を観る。観念的な物語として観る。あるべき姿や理想の自分に囚われずに、いまのままの自分で、人生を楽しむ…かな。ドイツ人監督が理解した日本文化を通じて伝える生き方。樹木希林 出演に期待して観た。美しい風景も遠いし、出演者も魅力が感じられないし、悲しくも楽しくも面白くもなく、観終える時間を長く辛抱した。

 今を大切にしたい。