バック5号完成

 捨てようと思った布の残りをつないでバックを作った。携帯電話と眼鏡が入るサイズがちょどよい。1つの生地より、つなぎあわせるのもいい。

 母が生地の端々まで使って袋を作っていた気持ちがわかる。使い切ると、もったいない、気持ちがすっきりする。