もの忘れをこれ以上増やしたくない

もの忘れをこれ以上増やしたくない人が読む本、脳のゴミをためない習慣、松原栄多著、講談社、2019年。

「面倒くさい」は、すべての思考も行動も抑制する。意欲低下、知的活動低下、記憶力低下、認知症も迫ってくる。「覚えよう」の強い意志が記憶し固定し思い出す記憶の3工程を滑らかにする。脳内ホルモンのセロトニンは感情コントロール、ノルアドレナリンは集中力、ドーパミンは意欲。脳のコンピューターのスイッチは欲。

健康を得るためにも認知症を予防するためにも軽運動の実行と継続が必要。中年期からの運動能力が低いと年をとってからの脳の萎縮が起こりやすくなる。運動を開始すれば脳の血管が増え酸素や栄養が脳に運ばれ、認知力の低下を抑えられる。

 

 欲ばりになって、ウォーキングを続け、もの忘れを増やさないでいよう、と思った。欲が減退ぎみな日常に喝をいれられた。とは言え、食欲がわかないなぁ~