ステンドグラスサークル51

 仕事が終わってからヨタヨタと遅れて教室に着く。先生にお願いした行灯の電気配線を受け取り、椿4面を入れて電気をつけた。思った以上に明かりを受けたガラスは美しい。特に白いガラスに浮き上がる気泡と椿の赤と葉の緑の色が想像を絶する。みんなから拍手。この瞬間がいい。と思いきや、行灯の一つの面が動く。私のガラスの切り方がまっすぐではなかったため。先生が持ち帰って修正するとおっしゃる。最後の最後までお手数おかけして申し訳ない。

 オーナメントの吊り下げのために真鍮棒での作り方を教えていただく。

  テレビで見て素敵だと思った球形オブジェをネットで検索して写真を先生に見ていただき、次に作りたいと話すと、材料は準備いただけるとのこと。できるとうれしい。