ガレージ蕎麦

 雨降り。10月からのガレージ蕎麦と里山蕎麦の連絡。里山交流館使用のお願いは10月17日と12月19日は了解される。参加者へのマスク着用と自宅検温のお願いと 手指消毒と机消毒は準備すると伝える。ガレージ蕎麦は10月3日、11月14日、12月5日、12月30日・31日。参加者へ連絡。「待ってました」のことばがうれしい。蕎麦粉を注文。

 感染防止対策をして蕎麦打ち教室をはじめます。手袋をして参加いただいてもいいです。残念ながら新しい方の参加はご遠慮願いました。

 

 昨夜、テレビで放映された「在宅クライシス」介護現場の最前線の闘い 

クライシスは危機という意味。相互がマスクをしていれば飛沫感染は減少する。エプロン、手袋、キャップで防護して たとえ触れても防護品を捨てて 自分の目や口に触れずに手指消毒すれば感染は減少する。医療・介護関係者が感染すると 閉鎖するところが6割、ゾーニング…汚染区域と清潔区域を分ける…により継続するところが4割とある。感染は不可抗力にもかかわらず、日本人のメンタルティとして差別・偏見があり、治ったことを喜ぶことが少ない。課題をひろって解決を考えることが必要。