新型コロナ“治療後”の悩み

 NHK クローズアップ現代を観る。

 コロナの陽性から陰性になっても、頭痛、微熱、倦怠感という後遺症が苦しいと放映。陰性になり、職場復帰しても、微熱、呼吸困難で苦しく、休職している男性は、1日中を寝て過ごす。うつ、不安、計算・記憶機能低下、全身の筋力低下がある。少なくとも2年の長期化が予測され、経過をみる必要がある。入院中は公費負担されるが、退院後の通院・リハビリ治療は自費負担。失業・求職で経済的不安がある。

 

 風邪のようにすっきり快復という訳にいかないことに驚いた。