パンを焼く

 仕事が終わって帰宅してからパンを焼く。

パンが食べたい思いが募っていた。粉からこね、醗酵、成型、醗酵。そして楽しい時間はパンの焼きあがりをオーブンの窓から見ている時間。だんだん焼き色がついてゆく過程はワクワクする。

 最近蕎麦打ちよりパン焼きに時間を使っているのは、食欲の行方のため。「美味しい」の方向がパン焼きに向かっている。新蕎麦粉が来れば食欲の行方も変わるはず。