駄目な世代

酒井順子 著 駄目な世代 角川書店 2018年

 

 生まれたのは昭和41年(1966年)。丙午。昭和40年と42年は丙午出産を避けた人達によって出生数は増している。そんな中丙午キッズ達は比較的のんびり生きることができました。人生の楽園って番組……観ちゃうなどと友人と語り合ったりする。が、下の世代からすると「セカンドライフをのんきに夢見ているのが腹立つ」のだそうだ。我々はもうしばらくちんまりと生きていく方がよいのかもしれません。……「長生きしてね」と言われなくなくても、人は長生きするようになったそうです。我々が高齢者になる頃「長生きしてね」は死語になっていることでしょう。「あとは子供たちに任せる」と死にぱっなしにできる時代は終わりました。自分で自分の始末を考えることが必要になったのです。

 

 著者の、自分で自分の始末を考えることが必要になったとのことば。私なりに考えている。しかし時代がどう変化するか予想がつかない。どのように時

                      代が展開するのか楽しみにしている。

私も時代と環境のお蔭で、のんびり生きてきた。これからもちんまり生きていく。著者とは時代はずれるが、のんびり世代のあふれることばに、安堵できる。