滋賀県産十割新蕎麦粉で打つ(2020年第8回)

 Nakama  to 蕎麦教室は、滋賀県産十割新蕎麦粉で年越し蕎麦を打ちました。加水は51%。みなさん2回づつ打ち、美味しそうな蕎麦ができました。「思い描く蕎麦がうてない」とのことですが、来年こそ!!!打てます、きっと。一緒に蕎麦打ちに励む、期待があるのはいいですね。

 雪も覚悟したほど大雪ではなく安心しました。

 

 7時開始のため、6時30分に自宅車庫に行くと停電。ブレーカーをあげてもすぐ停電。時間が迫るのでそのままにして、窓辺の雪明かりでカバンの中の車の鍵を探して、手に持つ。ガレージの鍵も確認。雪が積もる中、車で家を出ると除雪車が移動中。ノロノロ運転に付き従う。7時10分前に着く。ガレージ横に駐車して、助手席を見ると、カバンが……ない😢。ガレージの鍵がない😢窓辺に置いてきたんだぁ~😢。家にカバンを取りに戻る。Tさんにお待たせして申し訳なかったです。笑うしかない大晦日蕎麦教室でした。

 ツレは車庫の停電を業者に電話しても1つ目は不通、2つ目は指示、ようやく3つ目に正月あけの6日に来ると連絡がついた。車庫の冷蔵庫に冷凍してある柚子を自宅の冷蔵庫に移動。ことなきを得た。

 

  

 ことしも楽しい時間をご一緒いただきありがとうございました。良い年をお迎えください。

 

  

 

年越し蕎麦は福井県産蕎麦を食べました。美味しいです。好きな蕎麦で年越しできてうれしいです。