福井県産蕎麦粉で打つ

 福井県産蕎麦粉で打ちました。加水は50%でした。こねる時は腕をたて体重をのせます。腕力で作業しないようにしています。しゃべりながら打つと息がもれて体重は麺体にのせられないように思います。手のひらを麺体に集中して状態を確認します。作業は手早くです。丸出しを小さくし角だしも小さくし、麺体の厚みを残すと角出し、肉分けがしやすいですが、均一な厚さにするための時間がかかりました。丸出し、角だしで厚さを均一にして角にこだわらない作業が短時間で完成します。

 作業過程は思い通りでありませんでした。次回こそ!

蕎麦の出来上がりは思いに近くできました。美味しい!