福井県産蕎麦粉で打つ

 土曜日になると蕎麦を打ちたい気もちがムズムズしてくる。周辺の雪は溶けたが、ガレージ駐車場の入り口だけが雪で閉ざされている。福井県産蕎麦粉で打つ。捏ねは、よし、と思いつつ続けると状態が少し変化し、モチっとした。この感じを手触りとして記憶しよう。丸出しはいつもの大きさにすると角出しがスムーズ。薄延しになり、細切りになって、思いのほかの出来上がり。手触りや見た目で蕎麦とやりとりが楽しい。写真がボンヤリしたのは食感がボンヤリのため(/_;)