2月20日和気里山で蕎麦を楽しむ

 里山で蕎麦を楽しむは、長野県八ヶ岳産蕎麦粉で打ちました。加水は46%でした。前回打った加水を失念して45%からはじめて、作業はみなさん難儀そうでした。見た目は美味しそうに打った蕎麦ですが「加水不足と思った時に加水すればよかったが、そのまま作業して延びにくかった」のおひとりのことばです。他のおひとりは、最初の加水が少し不足し、最後の加水をしても蕎麦の色がでませんでした。八ヶ岳は最初の加水は多めにした方がよさそうです。

 加水のめやすは示さない方がよかったと反省し、次回からはそれぞれで決めていただきます。

 

 教室が終わってから、ガレージで自宅用の蕎麦を打ちました。加水が決まれば打ちやすいです。

自宅に帰って、昼食で食べました。ことしの八ヶ岳産蕎麦粉は美味しいです。