老後の資金がありません

垣谷美雨 著 老後の資金がありません 中央文庫

             2020年9月(2018年)

老後は安泰のはずだったのに、娘の派手婚、舅の葬式、姑の生活費、しっかり考えた老後資金はみるみる激減。夫婦揃っての失職。家族の金難に振り回されつつ、やりくりする主人公の奮闘。

 

感想:面白い!可愛らしい姑さんは、面白いことが大好きなお婆ちゃん。物語の展開で、主人公は毎日面白おかしく生きていないといけない、通帳を見つめて、ため息をつくような日であってはならないと思うようになる。何となく80歳までが自分の寿命と考え、老後資金は何とかなると気楽に思っていた。しかし!最近の身の回りの高齢者は、90歳が多く、100歳超えもいる。80歳から90歳の10年分の老後資金ばかりでなく80歳から100歳の20年分の老後資金が必要かもしれない。人の手を借りる、住まいを借りるようにれば老後資金が必要になる。子供や孫に資金を出すどころではなく、自分の老後資金を確保しようと、決意しました。自分で生活するには足腰が大切と切に思い、ウォーキングで(貯筋)老後の先延ばしに努める最近です。

 

Android アプリのgoogle障害。googleもGmeilもラインもdocomoメールもYahooも順次できなくなった。パソコンで検索してあれこれするが、回復しない(/_;)。これだけのことで気持ちが沈むなんて思いのほか。