人生のやめどき

樋口恵子、上野千鶴子 著 人生のやめどき 

        マガジンハウス、2020年9月

 

 家族のやめどき、人間関係のやめどき、社会のおりどき、自立のやめどき、人生のやめどき、自分のやめどき、考えの違う二人の対談。

孫より子どもが大事。それよりもっと自分が大事。おひとりさまの自由を手放さない新世代の祖母たちが登場した。

人生百年になったんですから、街づくりも変わるべきだし、老人は飲食店に恵まれた駅から近いところに住むべきだ。

樋口恵子からおりて、上野千鶴子からおりて、穏やかに過ごす……素晴らしい表現。

 

感想:認知症になったら、自分のやめどき、とは新しい発想だと思った。ひとつづつやめどき、を考える年代になった。