ヒノマルソウル

 映画 ヒノマルソウル を観る。1998年長野オリンピックにおけるテストジャンパーの物語を実話を基に描く。主人公西方仁也は1994年のリレハンメル五輪で銅メダル。長野五輪代表をめざすが故障で代表落選。テストジャンパーとなる。

 長野五輪で私の記憶にある金メダルの原田雅彦の姿を思い出した。その舞台裏にある実話は、金メダル獲得と同じように素晴らしいと思える映画だった。最後のどんでん返しに涙がポロリ。テストジャンパーのヒノマルソウル……すっきり・すがすがしい気持ちで観終えた。