大樋焼


 金沢の大樋焼をいただきました。お茶を飲むにも日本酒を飲むにもいいとプレゼントされました。

ロクロを使わない手びねりの暖かみがあります。飴釉の独特の発色が特徴と思っていましたが、白釉があることを知りました。飴釉はツレ用、白釉はワタシ用。

 美味しいお茶を飲みたいとお茶屋さんへ行って、玉露(100g・1620円)を買いました。玉露のお湯は50度ですが、少し高めの60度にした玉露だとお店の人のおすすめです。

 帰宅して説明に従って玉露をいれました。ツレ用の飴釉はお茶の色がわかりませんが、白釉のワタシの玉露は美しい緑色がくっきりして旨味たっぷりで美味しく飲めます。玉露は先にお茶を味わい、あとでお菓子をいただくのがよいとのことです。お菓子は徳田盛華堂の 六方焼きです。こし餡たっぷりで美味しいです。玉露2杯目はお湯を沸騰させていれました。色濃く味わいが変わります。

 はじめての美味しい玉露との出会いは、うれしいプレゼント大樋焼のお蔭です。感謝します。