雪花糖

 お抹茶時間。お菓子は小松市にある 創業天保八年(1837年) 行松旭松堂(ゆきまつきょくしょうどう)雪花糖です。裏千家十五代鵬雲斉宗室全国菓子博にて茶道家元賞 受賞。菓子の説明は「白く輝く霊峰白山の山懐で梢に残ったくるみの実。その実が雪晴れの中コロコロ里の方に転がり始める。雪花糖はその姿を想像して、くるみに和三盆糖と寒梅粉をまとわせたお干菓子です」 

 柔らかい胡桃がほどよい甘さのしっとりした和三盆糖に包まれて美味しい。