おひとりさまの終活準備BOOK

酒井富士子 著 

おひとりさまの終活準備BOK 三笠書房 2022年1月

 

①48歳の人。おひとり死に備えるために、最も重要なことは、人との繋がりを持つこと。アルバイトするなど老後もできるだけ長く働いたり、行事や趣味の教室など地域活動に参加したりと、居場所づくりを心がけましょう。

②55歳の人。60代こそフルタイムで働き、家にいる時間を極力減らし、自立する力をつけることを考えてみてもいい。

③公的年金だけでは生活が難しいということは何となくわかっている人は多い。なるべく長く働くという方法で、65歳から70歳までは月5万円働いてみる。今の70代はアクティブで元気です。70歳以降も働き続ければ、よりお金の不安はやわらぎます。どこまで働けるか先のことはわかりませんが、70歳までは月5万円分働くことをまず当面の目標にする。

 

感想:50歳代への終活準備BOOKのような気がしました。年金生活の年代には なんとなくわかっている内容でした。③月5万円分働く…は超現実的と思えました。体力、人との繋がり、時間の使い方、などなど考えると 5万円という金額にう~ん……です。