中川一政 書と陶芸の世界展に行く

白山市にある 中川一政記念美術館 久しぶりに行く。

書と陶芸の世界ー自在の境地にあそぶ

 

安倍女郎(あべのいらつめ)の歌

いまさらに 何をか思はむ うちなびきこころは君によりしものを

(いまさらになにを物思いなどしよう。

 すっかりとうちなびいて心は君に寄り添っているというのに)

 

中川氏の書の文字と空間が その気持ちを伝えているような気がした。

きのう、つくづくと いまさら…と繰り返していたことばに出会い 気持ちが惹かれました。

 

そして 画も書も陶芸も 自分の手答えによっている。他者の批評はあてにしない……と。

写生とは ものごとを写すことによって内面を写そうとする……と。

 

気持ちが ふぅっ~と 今を超えて 空に舞い上がるような 空間です。