風炉濃茶点前中置 五行棚を使って 

茶道教室です。

 

五行棚を使いました。

 

五行棚は十一代玄々斎好み。焼杉の上下の板を三本の竹柱で支える。

天板の木目の根本は客付けに向け、地板は勝手付けに根本を向ける。

三本の4竹柱は二節を客付け、三節を勝手付け、一節を中央とする。

五行の名前は、天板、地板の間に「木火土金水もくかどごんすい」という5つの要素のこと。

 

十月は風炉最後の“侘びの月”。中置という特別なお点前です。風炉釜を点前畳の真ん中に置き細水指を使います。

 

風炉濃茶点前と四畳半花月をお稽古しました。

 

静かな時間が流れ 気持ちがやすらぎます。