代理母、はじめました

板垣美雨 著 代理母、はじめました 中央公論社

   2021年2月

 

2040年、富士山が噴火し、火山灰に覆われた東京はスラム化する。16歳のユキが中国人エリート女性の子を代理出産したところから始まる。

…政府は少子高齢化を嘆いているけれど、そもそも産む産まないは個人の自由だ。…自分一人が生きていくだけで、経済的にも精神的にもいっぱいいっぱいだ。…女は結婚して子供を産んで一人前という古い考えが、知らない間に骨の髄まで刷り込まれていた。世間がどうあろうが、どう言おうが、自由に生きればいい。つまり、一生涯結婚せず、自分一人の食い扶持を確保することだけを考えて生きていこう。…女の人たちは…自分を縛りつけていた世間の目や昔風の考えを吹っ切れた。自由に生きることを      

選んだの。…短い人生を欲張って生きようとしている。経済的な裏打ちがあれば、の話です。

 

 

感想:話の進展がハラハラドキドキで面白い。代理出産をしたことから、自由な女性の生き方を選び、経済的な裏打ちをもって女性の境遇を変えようとするまでに成長するユキがたくましい。自分を縛りつけていた昔風の考え方で子供たちを縛りつけないでいたいと思う。