独学のススメ

若宮正子 著 独学のススメ 中央公論新社 2019年5月

 

 なにかを習う、学ぶということは、始める前より確実に知識が豊富になる。とりあえず「楽しそう」と思ったことは飛びつこう。お金にならない「道楽」でいい。やってみて楽しければそれが正解。

 お年寄りになると、できることも少なくなり、誰からも必要とされていないのではという不安にかられることがある。年をとるということは、日々なにかを失っていくということ。そのさびしさに飲み込まれてしまわにように、なにをすればいいのでしょう。獲得体験を増やすことだと思います。昨日できなかったことが、今日はできるようになる。それは楽しいことです。独学するにせよ、ひとに聞いたり、助けてもらったりすることは必要です。独学に友人は不可欠な存在です。自分にできることを無理のない範囲でやっていると、助け合いの和に加わることができます。

 

 

感想:趣味は、楽しければ正解。昨日できなかったことが、今日はできるようになる、獲得体験という考えは素晴らしい。社会貢献していない日々でいいのかという考えもちらついていたが、お年寄りの日々は、小さな楽しみで生きていくことがいいんだと、納得できました。